読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書籍紹介

11/02/09 : 降水量 45 ml ~ 2月の読み物 ② 赤朽葉家の伝説

今日も今日とて本のご紹介である。なんだかすっかり本の紹介ブログと化しているが、 他に書くこともあまりないのだから仕方がない。ボクがいかにして平日サボッているかを 書いたところで、怒られることはあっても褒められることはない。印税が入ってくる、…

11/02/07 : 降水量 44 ml ~ 2月の読み物 ①核心

「1月の読み物②まとめ」がないじゃないか! と思ったあなたはこのブログのヘビーリーダーである。ヘビーリーダーではあるが、 そんな奇特な人はまずいないだろう。いたら正直驚きである。もちろん嬉しいけど。 だいたい他人がひと月の間に読んだ本を列挙され…

11/01/18 : 降水量 43 ml ~ 1月の読み物 ①ラッシュライフ

本日は伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」のご紹介である。 毎度毎度のことながら、本を紹介すると言うのは難しい。中身に触れなくては紹介にならないが、 かといって触れすぎるとネタバレになってしまう。今回もネタバレにならないレベルで、かつ本の 面白さを…

'10/12/31 : 降水量 39 ml ~ 12月の読み物 ④ まとめ

2010年最後の更新は今月の読み物まとめです。 森博嗣著 「スカイ・クロラ」 同上 「グレイ・ト・ザ・スカイ」 桜庭一樹著 「GOSHICKⅣ」 同上 「GOSHICKsⅡ」 射逆裕二著 「みんな誰かを殺したい」 榎本秋著 「ライトベル文学論」 成田良悟著 「バッカーノ!1705」 森博嗣の…

'10/12/29 : 降水量 38 ml ~ 12月の読み物 ③バッカーノ!1705

今月の読み物から三冊目の紹介。今回は成田良悟著「バッカーノ!1705」。 そう、ラノベです。 なにが「そう、」なのかはわからないけれど、ラノベを批判してみたことだし読んでみよう、と。 (批判する前に読めよ、というツッコミは受け付けません)。 さてそ…

'10/12/20 : 降水量 35 ml ~ 12月の読み物 ②ライトノベル文学論

今月読んだ本の中から二冊目の紹介。榎本秋著「ライトノベル文学論」。 最近随分と耳にする機会の増えた、ライトノベルというやつ。 大型書店なんかをうろついていると、やたら表紙に萌え系のイラストが描かれた本ばかり並ぶ棚があるが、きっとあれらがそう…

'10/12/05 : 降水量 32 ml ~ 12月の読み物 ①スカイ・クロラ

今年も師走。早い早い。おっどろきのスピードで一年が過ぎ去っていきます。 十二月に入って一冊の本を読み終えたので紹介をば。 森博嗣著「スカイ・クロラ」。 今更かよ、というご指摘は受け付けません。 このシリーズは実に詩的。文字が少ないので一気に読…

'10/11/30 : 降水量 31 ml ~ 11月の読み物

新潮社 「yomyom 16」 Edgar Allan Poe 著 谷崎精二 訳 「ポオ小説全集」 宮部みゆき 著 「蒲生邸事件」 同上 「ICO」 以上読了。 「yomyom 16」は死を扱った読み物が多くて、なぜだか心を打たれた。 中でも辻村深月の「使者生まれる日」(ツナグ生まれる日…