14/06/25:降水量61mL ~ 余市にて入魂リベンジ!

ボクの職場は四方の壁が外に面しておらず、数少ない窓の向こうも廊下しか見えない。 そんな閉塞感極まる職場に籠りつつも、僅かな移動時間で窓から覗く青空を見るにつけ、 「釣りに行きたい!」 という想いを募らせていた。新しく購入した竿への入魂すらもま…

14/06/07:降水量60mL~新ロッドに入魂!......ならず。

これまで港 & ボートロックではShimano のSalty Game Lightというロッドを使ってきた。 購入したのは今からちょうど10年前。思えば遠くへ来たものである。 大事に使ってきたこともあり、状態はとてもよいのだが、長さが160cm程しかなくてやや物足りない。 そ…

降水量59mL~余市ハードルアー縛り?でソイ

「さあ行くぞ!」 時計の針が5時を回り、土曜勤務が終了すると同時にオズ氏は拳を振り上げた。 今月の初めに久しぶりの釣行へ行ってからというもの、オズ氏の体内では釣り熱が再燃している。 すっかり燻り、消えかけていた釣りへの気持ちが、今やめらめらと…

降水量58mL~2014年初釣行. 石狩湾新港沖防波堤

あれよあれよと言う間に、最後の更新から1年以上の月日が経過してしまった。世界北限の 100万都市、札幌にも春が来て夏が過ぎて秋が終わり、冬を越えてまた春が来てしまいました。 その間にボクは所帯を持ち、職場には後輩を迎え、その割りには相変わらず仕…

13/03/25 : 降水量 57 ml 卒業する友人への手紙

拝啓。あっという間に年度末。私は度々の飲み会で胃の調子がよろしくないのですが、 皆さんは如何? 今からちょうど1年前、私は皆の笑顔に送られて大学院を卒業しました。出て行く人間より 残る方が多く、後ろ髪を引かれる思いで社会人としての一歩を踏み出…

12/11/25 : 降水量 56 ml

オズ氏は覚悟した。いよいよ、この実家を出なくてはならぬ。 オズ氏は料理が出来ぬ。オズ氏は、ただの凡人である。 ごろごろと、だらけきって生活してきた。けれども限界が来てしまった。 最近我が家にかかってきた電話を取ると、 「まだいたの?」 と言われ…

12/08/20 : 降水量 55 ml ~ 沖縄へにいる友人へ

拝啓。沖縄にいる友人の皆様。札幌はひどく蒸し暑いです。秋の気配がすぐそこ まで迫ってきていたかと思いきや、いきなり夏に逆戻り。いや、むしろ本州の梅雨時 のようです。 皆さん楽しみにしていた沖縄です。待ち望んだ南国を満喫されているでしょうか? …

12/07/25 : 降水量 54 ml ~ 色内イワシ釣行

僕は休憩の度に天気予報をチェックし、見慣れた傘マークを眺めてはうんうん 唸っていた。 先月末から小樽港にイワシの群れが入ってきていた。 そんな折に平日の休みをもらえたので、釣りに行く予定を立てたのである。しかし 例によって予報が雨になっていた…

12/05/31 : 降水量 53 ml ~ 岡山滞在紀 2/2

(これは昨日の続きになります。まだお読みでない方はhttp://rainbringer32.blog18.fc2.com/blog-entry-59.htmlからどうぞ。) 駆け足で倉敷観光を終え、宿泊しているホテルに戻ってきたのは午後一時を少し 回ったところであった。ちょうどこのとき、ボクが宿…

12/05/30 : 降水量 52 ml ~ 岡山滞在紀 1/2

すでに半年も前のことになるが、ボクは学会に参加するために岡山市を訪れていた。 半年! 自分で書いて自分で驚いてしまった。つい先日のように思い出せる、あの 岡山滞在から六カ月も経つなんて。六か月と言えば約180日である。180日あれば 二十日大根が九…

12/05/27 : 降水量 51 ml ~ アゼルバイジャンより愛を込めて

拝啓。暑かったり寒かったりと、安定しない天気が続きます。巷では治るのに 二週間を要するという厄介な風邪が流行ったりもしておりますが、皆さん体調は いかが? あっという間に五月も末になり、六月の背中がすぐ目の前。手を伸ばせば 毛むくじゃらの尻尾…

12/03/11 : 降水量 50 ml ~ 三枚目の魅力

グリッソムが辞めた。 いきなりなんのこっちゃわからないかもしれないが、CSIという海外ドラマの 話である。放送されるやいなやアメリカでは社会現象となり、科学捜査班の 名称がCSIに変更までされてしまった人気ドラマなのでご存知の方が多いだろう。 現在A…

11/10/27 : 降水量 49 ml ~ 現役修士生が論文なしで修士号に思うこと

現在午前1時30分。明日も朝から実験が控えていることもあって寝たかったのだが、どうしても看過できないニュースが目に飛び込んできた。 大学院、来年度から修士論文不要に 試験などで審査 (日本産経新聞) 具体的な中身についてはリンク先の記事を読んで欲し…

11/05/25 : 降水量 48 ml ~ ぶらり途中下車の旅 2/2

ところが先日は話が違った。レベル3クラスの腹痛が襲ってきたとき、ボクはバスの 中にいたのである。目的地まで三分の二近くもの距離を残した状況で襲ってくる腹痛。 最悪の状況である。とりあえず下手に出てなだめてみたのだが、どうやら腸内の状況 も相当…

11/05/24 : 降水量 47 ml ~ ぶらり途中下車の旅 1/2

自慢ではないがボクはお腹が弱い。正確に数えたわけではないけれど、一年のうち 三分の一くらいは腹痛を抱えて生きていると言ってもいい。家族や同僚でもない限りは 毎日顔を合わせたりしないから、これを読んでいるあなたはボクに会ったら、 「ああ、きっと…

11/04/25 : 降水量 46 ml ~ 中身は脳かメロンパンか

三陸沖を震源とする大地震が起きてからひと月以上が経過して、報道も直後のような 過熱した状態ではなくなったようだ。けれどもネットでは斉藤和義が歌った替え歌が 拡散していたり、ニュースのコメントやtwitterには反原発の発言が溢れている。そういう モ…

11/02/09 : 降水量 45 ml ~ 2月の読み物 ② 赤朽葉家の伝説

今日も今日とて本のご紹介である。なんだかすっかり本の紹介ブログと化しているが、 他に書くこともあまりないのだから仕方がない。ボクがいかにして平日サボッているかを 書いたところで、怒られることはあっても褒められることはない。印税が入ってくる、…

11/02/07 : 降水量 44 ml ~ 2月の読み物 ①核心

「1月の読み物②まとめ」がないじゃないか! と思ったあなたはこのブログのヘビーリーダーである。ヘビーリーダーではあるが、 そんな奇特な人はまずいないだろう。いたら正直驚きである。もちろん嬉しいけど。 だいたい他人がひと月の間に読んだ本を列挙され…

11/01/18 : 降水量 43 ml ~ 1月の読み物 ①ラッシュライフ

本日は伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」のご紹介である。 毎度毎度のことながら、本を紹介すると言うのは難しい。中身に触れなくては紹介にならないが、 かといって触れすぎるとネタバレになってしまう。今回もネタバレにならないレベルで、かつ本の 面白さを…

'11/01/12 : 降水量 42 ml ~ 電力消費箱 2/2

(これは昨日の日記の続きです。まだの方はこちらから先にどうぞ) ソニータイマーが発動することもなく、九年間働いてきたコンポの調子がおかしくなり始めたのは、 去年の夏ごろであった。ボリュームには一切触っていないのに、勝手に音量が尻すぼみになって…

'11/01/11 : 降水量 41 ml ~ 電力消費箱 1/2

今の中高生は信じられないかもしれないが、MDウォークマンが一世を風靡していた時代があった。 ちょうど今から十年ほど前だから、まさに一昔前ということになる。当時はソニー全盛期の頃でも あって、クラスの大半はソニーのウォークマンを持っていた(ん? …

'11/01/01 : 降水量 40 ml ~ 新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 昨年は本当に「あっ」という間に過ぎてしまいました。 卒論提出、就職活動とやらなくてはならないことが目白押しの本年。 同じくあっという間に過ぎてしまうなら、全力で駆け抜けてやろうと思います。 最後になりまし…

'10/12/31 : 降水量 39 ml ~ 12月の読み物 ④ まとめ

2010年最後の更新は今月の読み物まとめです。 森博嗣著 「スカイ・クロラ」 同上 「グレイ・ト・ザ・スカイ」 桜庭一樹著 「GOSHICKⅣ」 同上 「GOSHICKsⅡ」 射逆裕二著 「みんな誰かを殺したい」 榎本秋著 「ライトベル文学論」 成田良悟著 「バッカーノ!1705」 森博嗣の…

'10/12/29 : 降水量 38 ml ~ 12月の読み物 ③バッカーノ!1705

今月の読み物から三冊目の紹介。今回は成田良悟著「バッカーノ!1705」。 そう、ラノベです。 なにが「そう、」なのかはわからないけれど、ラノベを批判してみたことだし読んでみよう、と。 (批判する前に読めよ、というツッコミは受け付けません)。 さてそ…

'10/12/26 : 降水量 37 ml ~ 小さな反乱分子 2/2

(この日記は前回の続きです。まだの方はこちらからどうぞ) そんな経験があったので、今回もなにかの見間違いかもしれないと思い、一応湯船に入って はみたのだがやはりお湯が無い。深さにして僅か数センチ。立った状態でくるぶしの辺りまで あるかないか、と…

'10/12/24 : 降水量 36 ml ~ 小さな反乱分子 1/2

四月が始まってやっと大学院生になったと思ったら、あと一週間で今年が終わってしまう。 毎日毎日暑い暑いと言っていたはずが、いまやコート無しでは過ごせない気温である。思えば 今年は夏と冬以外の季節がずいぶんと短かった気がする。これでは四季ではな…

'10/12/20 : 降水量 35 ml ~ 12月の読み物 ②ライトノベル文学論

今月読んだ本の中から二冊目の紹介。榎本秋著「ライトノベル文学論」。 最近随分と耳にする機会の増えた、ライトノベルというやつ。 大型書店なんかをうろついていると、やたら表紙に萌え系のイラストが描かれた本ばかり並ぶ棚があるが、きっとあれらがそう…

'10/12/10 : 降水量 34 ml ~ 徘徊ベーダー卿 2/2

数日後、悪名高き○川急便ではなく、安心と信頼の○猫ヤマトによって商品は無事我が家に 届いていた。スカッシュから帰って玄関を開けたら、良く分からないデカイ荷物が置いてあった のである。マスク一つしか入っていないはずなのに、縦七十センチ、横三十セ…

'10/12/08 : 降水量 33 ml ~ 徘徊ベーダー卿 1/2

ボクがクレジットカードと言うものを持ったのはつい最近のことである。それまでは買い物と 言えば現金、あっても銀行振り込み程度。 「そもそもクレジットカードなんて社会人が持つもので、学生の俺には関係ないじゃーん」 というのがボクの基本スタンスであ…

'10/12/05 : 降水量 32 ml ~ 12月の読み物 ①スカイ・クロラ

今年も師走。早い早い。おっどろきのスピードで一年が過ぎ去っていきます。 十二月に入って一冊の本を読み終えたので紹介をば。 森博嗣著「スカイ・クロラ」。 今更かよ、というご指摘は受け付けません。 このシリーズは実に詩的。文字が少ないので一気に読…