読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

'10/07/04: 降水量 18ml~変態との遭遇

 学生という立場上、ボクの周りでは適当な理由にかこつけて、しばしば

飲み会が開催される。適当な理由があるときもあれば、ないときもある。

とにかく宴会は宴会なのだから、それはそれである。

 ボクも酒には弱いが騒ぐのは大好きなので、呼ばれればすべからく

出かけていって、傍若無人の限りを尽くし、狼藉を働いた上にへべれけに

酔っ払って帰ってくることを信条としている。まったく迷惑な男である。

 ところで飲み会において迷惑なヒトというのは珍しくないらしく、飲み屋や

週末の街中では妙なヒトを頻繁に見かける。大声で叫んでいたり、雪積もる

道路に座り込んでいたり。

 ちなみに後者はボクである。

 先日、アメリカへ一年間の留学をしていたネギ氏が戻ってきたことを

口実に飲み会が開かれた。場所は札幌駅近くの居酒屋であった。案の定

ボクはへべれけに酔っ払ったのだが、そんな気持ちい酔いをぶっ飛ばす

変な人に遭遇したのである。

 実はこの店には大きな欠点を抱えていた。トイレが二つしかないのである。

トイレが二つだけ、というのは席数に対して明らかに少なく、宴会も終盤に

差し掛かった頃にはトイレの前に列が出来た。

 必要以上に大きな器で日本酒を飲んだボクが、おぼつかない足取りで

階段を登ると、そこには当然のように列が出来ていた。

 「まあ、仕方あるまい」

 ボクが壁にもたれつつ順番を待っていると、後ろに一人の男性が立った。

ちょうどボクの前で待っていたヒトがトイレに入ったところで、待っているのは

ボク一人であった。

 「並んでます? 」

 顔を上げるとそこにはサラリーマン風の男が立っていた。年齢はボクと同じか

少し年上くらいに見える。ええ、並んでますよと答えると、この男がとんでもない

提案をしてきたのである。

 「あの、一緒にトイレに入りません? 」

 ボクは耳を疑った。酒を飲みすぎて幻聴が聞こえる。自分にゲイの気は無い

と思っていたが、まさか。などと考えていると、男が更に話しかけてきた。

 「俺が上から被せますから」

 全く意味がわからない。上から被せるのは尿か、それとも竿か。いずれにしても

イヤである。そんなこと仲の良い友達とでもなかなかやるまい。それを五秒前に

出会ったばかりの男とするわけがない。そんなアバンチュールは御免こうむる。

 ボクは開いた扉の間に滑り込むと、大急ぎで内鍵をかけた。扉を閉める直前、

男が寂しげに、

 「あー」

 と漏らしていたが、ボクは恐怖のあまり尿を漏らしそうであった。

 なんとか漏らさずに用を足して、薄く開けた扉の合間からそーっと覗くと、そこに

あったのは見慣れた同期の顔であった。どうやら男は隣のトイレに入ったか、

あるいは席に戻ったらしい。

 本物の変態との遭遇。まったく恐ろしい経験であった。ついでに自分にゲイの

気が無い、ということを再確認できたし、まあ、いいことにしよう。はあ。