読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

'10/11/16 : 降水量 29 ml ~ 待ち合わせのバリエーション 1/2

 携帯電話の充電が切れた。これが自宅での出来事であれば何の問題もないのだが、

あいにくボクは札幌駅のど真ん中に立っていたのである。さらにマズイことにボクは

待ち合わせ場所に向かっている最中で、さらにさらにマズイことに待ち合わせる時間

と場所を正確に決めていなかった。

「着いたら連絡するわ」

 という奴である。約束通りちゃんと駅までは到着したのだが、肝心の連絡手段がない。

万事休すかと思われたものの、今回は幸運にも人ごみの中に待ち合わせ相手を見つける

ことが出来た。

 この「着いたら連絡する」という待ち合わせ方法、現れたのはここ十年ほどのことだ

ろう。なにしろ携帯電話がなくてはありえない方法である。まさか待ち合わせ場所に

着いてからハガキを出すわけにもいくまい。仮に届け先がそう遠くなかったとしても、

到着まで数日はかかる。数日も待ち合わせ場所に立っていれば、深夜人通りが少なく

なったころに嫌でも目に入るだろう。そもそもハガキが届くのは自宅なので、無事に

会って用事を済ませるか、諦めて帰宅してからでなくては読めない。簡単に言えば

無駄である。

 のろし、という手はある。

 あるにはあるが、これもやはり現実的ではない。調べてみるとのろしとはワラや

ヨモギを混ぜたものに火をつけるらしい。ならばそれを常に持ち歩いた揚句、待ち合わ

せ場所で火をつけなくてはならない。

 たとえば街中で職務質問を受け、鞄の中身を検められたとしよう。そこから出て

くるのはワラとヨモギを練り合わせ、ピンポン玉大に丸められた物体である。

「これはなんですか? 」

「それはのろしです」

 ディスイズアのろし。決して日常で使うことはあるまいと思っていた、ディスイズ

アペン構文活躍の瞬間である。しかしどう考えても不審者丸出し。冷や汗が止まらない

状況でしかない。人生最大のピンチといっても差し支えないかもしれない。

(2/2へ続く)