読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/04/25 : 降水量 46 ml ~ 中身は脳かメロンパンか

 三陸沖を震源とする大地震が起きてからひと月以上が経過して、報道も直後のような

過熱した状態ではなくなったようだ。けれどもネットでは斉藤和義が歌った替え歌が

拡散していたり、ニュースのコメントやtwitterには反原発の発言が溢れている。そういう

モノを見ていて、本当に心配になってきてしまった。これはボクが原発必要派だから、

というのとは関係ない。

 ひとつ具体例を挙げてみよう。

インドネシアやオーストラリアは原発一個も無しで発電中。あんな大きな中国で13機。

メキシコ2機。面積が一番少ない日本に54て多すぎだろ。」

 これはtwitterで実際にあった呟きである。同時に色分けされた世界地図が添付されていた。

ちょっと考えてみて欲しい。この発言にはボクがすぐに気付くものだけで間違いが三つ存在する。

① インドネシアとメキシコは産油国。オーストラリアは石炭が山ほど採れる資源の豊かな国

である。ちなみにメキシコは天然ガスも採れる。つまりアラブの機嫌一つで景気が左右され

たりはしない。

② 中国は現在も原発を増設する方針にある。

③ 比較すべきは国の面積ではなく電力の消費量だ。

 少なくとも①については中学校レベルの地理の知識があればすぐに気がつくはずだ。背景に

ある状況がまるで違うのに、飛びつきやすい国の面積と原発の数だけで結論を導いてしまう。

実際には利用可能な『自国の』資源の量、使用電力量、国民の生活水準、その他諸々の要因を

考慮して初めて多いかどうか判断できる。『比較』とは前提条件が限りなく等しくなければ

成り立たない。これがもし学会発表の場なら赤っ恥である。

 先の呟きは直後から転載され続けた。

「そうだ! そうだ! その通りだ!」

 と。ボクが一番問題だと思うのはここである。

 誤った発言をすることはそれほど問題ではない。誰だって間違うし、自分の書いたものは

後から見直しても間違いに気付きにくい。それはみんなテストの見直しなんかで経験がある

はずだ。ボクが憂慮するのはそれを拡散してしまったヒトたちである。一呼吸おけば誰しもが

持っている知識で間違いに気がつくのに、いかにももっともらしい数字に騙されて賛同して

しまう。これでは大衆はバカだから利用してしまえ、と思われても仕方がない。少しでいい。

どうして自分の頭で考えようとしないのか。考えなければ人間は葦と同じ。皆のその大きな

頭の中に詰まっているのはメロンパンではないはずだ。

 ボク自身大衆の一人として日本の未来が心配である。

 次回からはいつもの阿呆な日記に戻ります。