読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16/10/02:降水量67mL ~ほろ苦イカメタル初挑戦

苫小牧ボート

「今年は船釣りを始めるぞ!」

 

そう宣言してからはや2ヵ月。悪天候と仕事と巡り合わせが悪く、なかなかどうして釣りに行けなかった。

 

船はおろか陸っぱりすらご無沙汰だったのである。

 

例年になく暑かった夏も過ぎ、涼しくなってきた10月になってようやく沖釣りデビューを果たすことができた。

 

運良くNorthCastさんのイカメタルツアーに空きがあったのだ。

 

深夜2時に札幌を出発し、法定速度で走ること11時間半。なんとなく靄がかかる勇払マリーナに到着した。

 

途中寄ったコンビニで買ったパンを食べ、タックルを用意して船に乗り込んだのが朝方4時半。

 

お世話になったのはタマリスクさんである。

 

出港した船の上で波飛沫をかぶりながらじっと待つこと1時間と少し。船はようやくポイントへと到着した。

 

さて、結論から書いてしまうが、結局私にイカは釣れなかった。

 

(アテンドしてくれた築田さんが1杯分けてくださったので、美味しく食べることができました)

 

釣果はカジカ3匹とサバが3匹。ほろ苦いデビュー戦となりました。

 

もともと聞いてはいたのだが、なんといっても棚が深すぎた。

 

船長の合図でジグを下ろそうにも、よくよく考えてみると私の持つ唯一のベイトリールAbu Garcia REDMAX船-Lには150メートルしかラインが巻けない。

 

それでいて棚が150~170メートルなのだから、そりゃあ届くはずがない。

 

しかもAbu Garcia REDMAX船-Lは一巻で70数センチしか巻けないため、船の移動やサバの巻き上げでも相当な回数巻かねばならず、腕はパンパンだし周りにも迷惑になるしで必死であった。

 

タイラバにも挑戦したいけども、事前に船長に棚について確認しなきゃダメですなあ。

 

今年はこれ以上タックル追加せずにやりたい。