読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16/11/22:降水量76mL ~ ロッド修理

今回はタイラバの自作について書こうかと思っていたのですが、その前にロッド修理の話を一つ。

実は前々回の釣行で、片付けの際に不注意からタイラバロッドのティップを飛ばしていましました。

私が使っているタイラバロッドはスポーツライン SP タイラバ B-69HB 69HBというものでバットジョイントなのですが、引き抜いた際に勢い余って先端が車のハッチバックドアを直撃してしまったのです。

降っていた雨を避けるためにドアの下で作業をしていたのも災いしました。一応購入店であるNorthCastさんへも持って行ってみたのですが、割と安価なロッドということもあり、修理よりも新品の購入を勧められました。

確かに6千円ほどのロッドで、送料併せて修理に4~5千円というのはちょっと考えさせられるところです。結局SALTY STAGE KR-X Tai Rubber OFTC-69LS-80を購入し直し、こちらをメインロッドとすることにしました。

さて、メーカー修理を諦めたスポーツラインのタイラバロッドですが、まだ数回しか使用しておらず、とてもじゃありませんが捨ててしまう気にはなれません。

そこで富士工業(FUJI KOGYO) 波止竿・サビキ竿用LOTリペアキットを購入し、自分で修理することにしました。

こちらにはホットグルーが付いてくるのですが、我が家にはライターがなく、上手に扱う自信がなかったため、併せてKONISHI(コニシ) アロンアルフア 釣名人も購入。

軸のコーティング部分をほんの少し削り、アロンアルファを注入したガイドを挿入。割と簡単に直せました。

f:id:rainmaker32:20161122214253j:plain  f:id:rainmaker32:20161122214323j:plain

実際に使用に耐えるのかどうかはわかりませんが、サブロッドとしてこれからも使用していくつもりです。