読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

'09/11/15: 降水量 12ml~サバ一本針Method

さて、「ハードルアーでサバ」のコーナーは見事不発に終わったのだけれど、一本針の方は釣果があった。

ショボイなりに掴めた部分もあるので、忘れないうちにまとめておこうと思う。

まずどんな仕掛けだったかというと、延竿4.5mにナイロンライン5号を3ヒロ結ぶ。

集魚効果を期待して、錘の代わりに3g前後のスピナーを、針にはニジマス10号を使用。

サビキで釣ったカタクチイワシを鋏でカットして身餌にした。あとは仕掛けを海に投入しておくだけである。使ってみてのメリットとして、

①取り込みが圧倒的に楽

②餌代がタダ(サビキ釣師との無用のトラブルを避けるために撒き餌はする)

という点が挙げられる。

サビキと違い針が一本しかないので、取り込み時にどこかに針が刺さることがなく、安全。楽チンである。

その上、針が大きく頑丈なので、少し大きめの魚が掛かっても仕掛けのトラブルが少ない。

サビキ釣りをしているときにウグイが掛かると針が曲がるわ、仕掛けは絡んでぐっちゃぐちゃになるわで、発狂したくなってしまうけれど、この仕掛けなら何の心配もない。

それどころか、そのウグイすらも身餌として二次利用できてしまう。

そんな中、今回もっとも後悔したのは、延竿だけで磯竿を持っていかなかったこと。

「オメェ、サバ釣るにはそんな竿じゃ短ぇヨ」

と言われた磯竿だったが、今回のように棚が深い場合は無いよりマシであった。

浅い棚でパカパカ釣れているのを見て、棚が深いなんてことを考えもしなかったボクのミスである。

これからの時期、小樽港に大型のニシンが入ってくることが期待されるので、こっちでも試してみたいと思う。