読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12/05/31 : 降水量 53 ml ~ 岡山滞在紀 2/2

(これは昨日の続きになります。まだお読みでない方はhttp://rainbringer32.blog18.fc2.com/blog-entry-59.htmlからどうぞ。)

 駆け足で倉敷観光を終え、宿泊しているホテルに戻ってきたのは午後一時を少し

回ったところであった。ちょうどこのとき、ボクが宿泊している十二階のフロアは清掃の

真っ最中であった。ドアというドアが半開きになっていて、清掃員のオバチャンが出たり

入ったりしている。他でもない自分の部屋もやはりドアが開いていた。普通ならこんな

時間に部屋に出入りはしないのだが、ボクは学会会場へ行くため、どうしてもスーツに

着替える必要があったのである。こそっと覗いてみると、ベッドカバーや布団が半分

剥ぎ取られているものの、現在部屋の中には誰もいない様子である。チャ~ンス! 

とばかりに部屋に忍び込み(自分の部屋なんだけど)掛けてあったスーツを手に

取った。ここで気をつけるべくは着替える順番である。下手にパンツ一丁で立っている

ところに、オバチャンが戻ってきたらそれほど気まずいこともない。そこでまずはシャツを

脱ぎ、シャツを着てネクタイを締めた。まだオバチャンが戻ってくる気配はない。ここまで

は非常に順調、文句のつけようのない展開であった。しかし半分開いたドアから廊下の

様子を伺いつつ、ジーンズを脱いだその時である。けたたましい警報が頭上から

降り注いだ。続いて、

「火事です。火事です」

 という妙に落ち着きはらったアナウンスが流れる。この時点でボクの頭は軽く混乱を

きたしていたのだが、続いて流れた放送がさらに追い打ちをかけることとなる。

「ただいま、十二階で火災が発生致しました。建物内にいる方は落ち着いて非常階段

から避難してください」

 思い出して欲しい。十二階といえばボクが宿泊しているフロアで、ボクが滞在している

フロアといえば十二階なのである。途端に廊下が騒がしくなり、ばたばたと人が走り回る

気配がする。

「いかーん!」

 そばにあった鞄を引っ掴み、ボクも避難しようとした矢先、目の前にある姿見が目に

入った。そこに映っていたのはYシャツにネクタイを締め、下半身パンツ一丁に靴下と

スリッパという変態チックな男であった。幾ら非常事態とはいえ、こんな恰好で岡山駅前

に飛び出せば警察官に連れて行かれそうな気がする。まだ学会発表も終えていない

のに、警察につかまったりしたら岡山までなにをしにきたのかわからない。

「いかーん!」

 一度は外へ向かいかけた足を止め、まずはスーツのズボンを穿く。ここだけの話だが、

こうしてズボンを穿くまでにドアの前と部屋の中を数往復している。まさにパニックを起こ

した人間の典型である。ところが右往左往しているうちに、混乱していた頭が少しだけ

冷静さを取り戻してきた。ボクが泊まっていたのは全国展開しているホテルチェーンで、

確かに背の高い建物ではあったものの、フロア自体の部屋数はそれほど多くない。

同じ十二階で火が出れば、それは目と鼻の先であるはずなのである。だのに廊下に

顔を出してみても、煙も見えなければ焦げた臭いもしない。しかもいつの間にか

火災警報も止んでいた。これはやっぱり変である。ボクは落ち着きを取り戻すと、

しっかりと皮靴の紐を締めてから、トランクをガラガラごろごろ言わせて部屋を出た。

このときにはもう、

「一応避難してみっか。燃えたらヤだし」

 程度の気分であった。ドアの内側にある避難経路を見て、廊下をほんのちょっと

歩いたところで、再び館内放送が流れた。

「先ほどの火災警報は誤作動です。火事ではありません」

 すれ違う掃除のオバチャンに謝られながら、ボクは一度部屋に戻って不要な荷物を

置き、改めて学会会場へと向かった。

「やっぱりね」

 内心ではそう思う反面、あのときパンツ一丁で外に飛び出さなくて本当に良かったと、

ホッと胸を撫で下ろすのだった。

 こうしてボクがどこかへ出かける度にトラブルが舞い込んでくるから困ってしまう。

例えるならボクは街頭で、トラブルが夏の虫である。まあ、おかげで書くネタには困らな

いんだけどさ。なんか釈然としないのよね。

(オワリ)