読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12/08/20 : 降水量 55 ml ~ 沖縄へにいる友人へ

エッセイ

 拝啓。沖縄にいる友人の皆様。札幌はひどく蒸し暑いです。秋の気配がすぐそこ

まで迫ってきていたかと思いきや、いきなり夏に逆戻り。いや、むしろ本州の梅雨時

のようです。

 皆さん楽しみにしていた沖縄です。待ち望んだ南国を満喫されているでしょうか? 

カクテルにはパラソルが林立し、夜な夜なキンキンに冷えたオリオン麦酒で乾杯して

いるのでしょうね。大変に羨ましい。私はといえば連日仕事と学生実習の準備に

追われています。トロピカルなのは培地に生えた菌くらいだ! こんなのちっとも

楽しくない!

 皆さんがいない札幌はとても寂しい。仕事終わりに一杯だけ美味しい麦酒が飲み

たいな、と思っても誘う相手もおりません。その寂しさを紛らわそうと「エア沖縄なう」 と

呟いてみました。しかし皆さんはリアル沖縄にいるわけで、何の反応もない。だいたい

が札幌にいながら「沖縄なう」 などと呟くなんてどうかしているのだ。私だって隣で

見ていれば、

「現実を見ろ!」

 と言うだろう。私は稀代の阿呆であるが、気までふれてはいないはずである。しかし

現実を見れば、目の前に広がるのは積み上げられた書物と、異臭を放つ色彩豊かな

培地ばかり。そんな現実はイヤだ。断じて認めたくない!

 そういう思いからこの手紙をしたためているわけです。いわば現実的な現実逃避です。

 ええ、私は正気です。

 さて、呟きには一昨年の写真まで貼付ける手の込みようでしたが、一人でやっても

虚しさが増すばかりだ。精神衛生上も誠によろしくない。そういうわけで1日目にして

エア沖縄はやめてしまいました。

 なんだか沖縄もあまり天気がよろしくないようですね。ちょっと台風が近づいて来た

からといって、遥か2400kmも彼方にいる私のせいにしてはいけませんよ。いくら雨男の

名前を欲しいままにしている私でも、「エア沖縄なう」 と呟くだけで台風を呼び寄せたりは

できないはずです。それができるなら「サハラ砂漠なう」 と呟くだけで砂漠に恵みの雨を

もたらし、自宅にいながらにしてオイルマネーで億万長者だ。アフリカが遠すぎるなら、

「香川なう」と呟くだけで四国の水不足を解消し、香川県民に腹一杯のうどんを食べ

させることも可能です。あるいは気に入らない地域に水害を起こして人間兵器になる

こともできる。

 最終兵器おず。

 きっと米軍が放ってはおかないでしょう。そうなった場合はやはり1呟き1億円くらい

もらわねばなるまい。1円の費用もかけず、国際社会からの非難も受けずして秘密裏に

攻撃できる。韓国の戦車は雨が降ると走行できなくなるのですよ。つまり一国の軍隊を

無力化できるわけです。1億円くらい払っても良かろう、と思います。やはり億万長者だ。

うははは!

 広げた風呂敷が畳みきれなくなりつつありますが、強引に手紙を〆ようと思います。

南の海から台風などという困った渦巻きが近づいてきているようですが、負けては

いけません。私の腹は真っ黒ですが、身内には優しいのです。皆さんがシュノーケルを

咥えながら水面にぷかぷか浮かび、魚とちゃぷちゃぷできることを、遠く2400km彼方

から祈っております。

                                            早々頓首

                                  身内にはジェントルマン・おず

くらげになりたい友人へ