読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14/06/25:降水量61mL ~ 余市にて入魂リベンジ!

2014-06-25 161407 2014-06-25 183030

ボクの職場は四方の壁が外に面しておらず、数少ない窓の向こうも廊下しか見えない。

そんな閉塞感極まる職場に籠りつつも、僅かな移動時間で窓から覗く青空を見るにつけ、

「釣りに行きたい!」

という想いを募らせていた。新しく購入した竿への入魂すらもまだである。

そういうわけで休日出勤の代休を利用して釣行を強行した。

一人で余市まで行くのは遠いから、と敬遠していたのだが、前回は距離を優先した小樽でボウズの憂き目に遭っている。

2連続のボウズは絶対に避けたいということで、今回は余市まで足を伸ばした。

雨男の名に恥じる好天の余市港に到着し、そーっと海面を覗いてみるとなにやら沢山の魚影が見える。

それだけでなく、ばっしゃんばっしゃんと音を立てて魚が跳ねている。

ひょっとしてアメマスかしら?

俄然気合いも入り、実績のある100円ミノーを投げるが何の反応もない。

手を変え品を変え、表層を探ってみるがまるで駄目。魚はすぐ近くでも跳ねているのに、まったくアタックしてこない。

これで駄目なら諦めようかな、そう思いながら100円ミノーの黒に戻し、リトリーブしているとついにヒット。

おおお! とテンションが上がったのもつかの間、すぐに様子がおかしいことに気がついた。

糸の先に生命反応は感じるのだが、全然抵抗する素振りがない。リールを巻くとするする寄ってきてしまう。

それもそのはず。釣れたのはコレだった。

2014-06-25 172752

どうやら跳ねているのは全部コイツ。中には50cm以上ありそうな個体がびったんぼったん音を立てて跳ねている。

それはそれで釣れたら楽しそうじゃないのと思い、キャストを繰り返すが、結局釣れたのはこれ1尾であった。

明るいうちはアブラコでもなんて考えていたのだが、これといった釣果もないまま日没。

あいも変わらず跳ね続けているウグイに、

「こいつらいつ寝てるんだろうな」

なんて思いながらキャストを続けていると、表層のスイミングでガツン!

なかなかの暴れっぷりで、ウグイではないことが分かる。

2014-06-25 195247

慎重に抜きあげると25cmほどのレギュラークロゾイであった。

記念すべき入魂魚(ウグイはノーカン)というわけで、写真撮影後にリリース。

ちなみにヒットルアーはECOGEARAQUA MILFLE 3 アトラクティブオレンジ ブラックFlkである。

その後もいろいろ試してみるのだが、ショートバイトが多くなかなか乗せることができない。

思うところはいろいろあるのだが、手持ちのリグではどうしようもなさそうである。

自分で設定した制限時間いっぱいとなりつつあり、最後にもう一度ハードルアーを試してみた。

やはり表層でガツンとあたり、竿を立ててみると先ほどより良い引き。釣れたのは30cmにちょっと足りないクロゾイであった。

2014-06-25 213211

美味しそうなのでこれを持ち帰ることにして、本日は納竿。

ああ楽しかった!