読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16/11/19:降水量75mL ~ 苫小牧ボートロック再び!

釣り 苫小牧ボート 釣具

19日の昼のことです。ふと携帯に目をやるとタマリスクさんから不在着信がありました。翌20日にはボートロックを予約していたので、こりゃ中止の連絡かな、とすぐに掛け直します。

残念なことにやはり20日はあまり状況が良くないらしいということです。私一人であれば多少状況が悪かろうと強行するのですが、今回は数年ぶりに釣りをする従弟が一緒。しかもボートは初挑戦となれば無理はできません。

キャンセルが頭をよぎった私でしたが、なんと船長より19日夜便の打診がありました。なんでも同じく20日予約の方で、何としても釣りがしたいから夜便を出して欲しいと頼んだ方がいらっしゃったのです。今夜は良い状況だというし、我々ふたりも件の夜便に乗り込むこととしました。

さて、今回の目的は二つです。

① ブランクがある従弟にしっかり釣らせること

② 今回の釣行に備えて自作したタイラバの試行

本当のところを言えば日中渋い時間帯に、前回威力を発揮したスプーンリグでのバーチカルも試したかったのですが、夜便では試せませんので次回以降の課題です。

多少の余裕をもって出発したはずが、渋滞に巻き込まれて勇払マリーナ到着は出港ギリギリでした。

ばたばたと用意したため酔い止めを飲み忘れ、人生初の釣り船で船酔いを経験することとなります。酔い止めは大事ですね。

走る船の上で仕掛けを結び、あっという間に釣行スタートです。

従弟には前回もソイが釣れた14gテキサスシンカーにフックはガマカツ#1エコギアグラスミノーL チカチカ室蘭をチョイス。私は7gスプーンに1/0オフセットフック、ワームは同じくチカチカ室蘭でスタートです。

午後便でも相当数が釣れたという前評判通り、さっそくワームで狙っている同乗者にポンポンとソイが掛かります。私も25cmクラスを立て続けに2本釣り上げましたが、フッキングに失敗してスプーンごと飲み込まれてしまったので、思い切ってラインをカットし、自作タイラバに切り替えます。

自作ということであまり期待はしていません。

が! やはりタイラバはすごかった。フォールの最中からアタリが頻発。どんどこ釣れます。

f:id:rainmaker32:20161121231623j:plain

なかなか釣り上げられない従弟の仕掛けもタイラバに変更し、もうここからは2人で何本釣ったかわかりません。おそらく合計で70近かったか、それ以上だったと思います。食べる分だけをキープし、ほとんどリリースして帰ってきました。

それにしてもタイラバの釣れること釣れること。正直、こうなると

「腕もヘチマも関係ねえな……」

と思ってしまいました。もちろんタイラバを使おうがワームを使おうが釣れないときは釣れないですから、今回はそれだけ状況が良かったということです。

終了間際にはまずまずの大きさのマゾイも釣れ、お刺身で美味しくいただきました。

f:id:rainmaker32:20161121231907j:plain(写真はタマリスクさんHPより拝借)

刺身、煮付け、アラ汁、昆布〆めと大変美味しくいただきました。

刺身はマゾイ、煮付けならクロソイがんまかったなあ。三枚おろしがどんどん上達します(笑)

f:id:rainmaker32:20161121232146j:plain

目的の①も②も達成したし、今回も良い釣行でした。

鯛ラバ自作は次回記事にしたいと思います。

f:id:rainmaker32:20161121232338j:plain

(従弟とダブルヒット。写真はタマリスクさんHPより拝借)