読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

'10/11/30 : 降水量 31 ml ~ 11月の読み物

新潮社 「yomyom 16」

Edgar Allan Poe 著 谷崎精二 訳 「ポオ小説全集」

宮部みゆき 著 「蒲生邸事件」

同上 「ICO

以上読了。

「yomyom 16」は死を扱った読み物が多くて、なぜだか心を打たれた。

中でも辻村深月の「使者生まれる日」(ツナグ生まれる日と読む)シリーズが終わってしまったのが残念。

特に最近は面白かっただけに、もっと続きが読みたかった。

ポオは「エルム街の悪夢」や「黄金虫」などの短編が含まれていて、間違いなく面白かった。

面白かったのだけど、いかんせん文章が読みにくいのだ。

これはコナン・ドイルなんかもそうなので、翻訳もの故か、はたまた時代がそうだったのか。

ああ、読み手の脳みそが足りないのですか。そうですか。

最後に宮部みゆきの二冊。どちらも良い。「ICO」はゲームをノベライズ化した作品だったのだね。

あとがきを読んで、ゲームの方もやってみたくなった。