読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17/4/29:降水量82mL ~ 小樽プレジャーボートで攻めカレイ

またまたご無沙汰しておりました。

2017年2度目の釣行は小樽高島沖でのボートカレイです。今回は遊漁船ではなくプレジャーボートでの釣りに初挑戦。

前日までの雨の予報もどこへやら。天気予報では降水確率0%と、雨男の私には嬉しい誤算です。

さて、今回はNorthCastさんのツアーやイベントでご一緒させていただいたミッチーさんの操舵で小樽マリーナを出港です。

 

f:id:rainmaker32:20170501232045j:plain

( ↑ 今回乗ったものと同型のボート)

 

私を含めて3人しか乗船していないこともあり、最大積載人数5人というこれまで乗った中でもっとも小さい船でした。ですがこの日は風も弱く、湾内はとても穏やか。時折近くを大き目の船が通るときを除けば、揺れもほとんど気になりません。

さて、マリーナを離れ、南防波堤と沖防波堤の間を通り、さらには大量に入っている刺し網のブイの隙間を抜けて、おおよそ20分でポイントに到着。実釣開始です。

実は私、ボートでのカレイ釣りはこれが始めてでした。もちろん専用の竿なんて持っているはずもなく、とりあえず30号前後の錘が使えそうな竿を数本見繕って臨みました。具体的には、

① AbuGarcia abugarcia SALTY STAGE KR-X Kurodai SKS-772PMH-KR

② スポーツライン SP タイラバ B-69HB 69HB

③ メーカー不明 シーバスロッド(Lure weight 14~60g)

の3本です。カレイの繊細なアタリを捕らえるためには①かな? と思って始めたのですが、Max Lure weightが21gの竿ではやわらかすぎてやりにくい。誘いもフッキングも冗長になりそう。そこで早々に竿を③に持ち替えて仕切り直し。

この竿、10年以上前に5000円くらいで買った、どこのブランドかも分からないシーバスロッドですが、ちょい投げにジギングにと意外に活躍の場が広いのです。ロッド本体にBlueWaterとロッド名が入っているのですが、ネット全盛の現代においてGoogle検索に1件もヒットしないマイナーぶり。道内広しといえども、使っているのは私だけかもしれません。

リールはアルテグラ3000C。ラインはPE1号と10lbナイロンリーダーの組み合わせです。胴付きタイプの3本針(14号)に生イソメをつけて底まで落とし、海底を小突いてやります。

3回小突く→数秒ステイ→3回小突くの繰り返しをしていると、竿先に「びびび!」という小気味良いアタリが伝わります。軽くハンドルを巻きながら大きくフッキングを入れると、柔らかめのシーバスロッドが気持ちよく弧を描きました。上がってきたのは20cm半ばの食べごろマガレイ。

f:id:rainmaker32:20170501232117j:plain f:id:rainmaker32:20170501232124j:plain

おそらく一面カレイの絨毯のようになっているのでしょう。ひっきりなしにアタリがあります。時折混じる30cm超の固体が掛かれば、緩めに設定したドラグがチリチリ音を立てて、これまたとても気持ちがいいのです。

これまでカレイ釣りは投げ釣りしかしたことがなかったので、いわゆる「待ち」の釣りのイメージだったのですが、これは完全に攻めの釣り。誘い、アタリを感じたら電撃フッキング。とてもゲーム性が高くて面白いです。しかも待たないことで針を飲まれないので、手返しもとても良い。飲み込まれてしまった針を外すのは釣り人にとってもストレスですし、もちろん魚にとってもダメージが大きい。今回は針外しもとてもスムーズだったため、小さめの固体は元気なうちにリリース可能でした。

専用タックルでなくても十分楽しめた今回の釣行でしたが、もしロッドに選択肢があるのならあまり柔らかすぎないものの方が良かった印象です。タイラバロッドで釣っていたミッチーさんはアタリが多くあるものの乗せ切れないと言っていましたし、ある程度張りがあるロッドの方が、しっかりとあわせられます。もちろん食いが悪ければ話は変わってくると思いますが。

はじめの内こそ枚数を数えていたものの、20枚を越えたあたりから数がわからなくなり、ずっしり重くなったクーラーを抱えての帰宅。家に着いてから数えてみると、合計53枚でした。

f:id:rainmaker32:20170501232128j:plain

リリースを含めると70枚近い釣果だったと思います。肉厚のマガレイは煮つけとから揚げ、塩焼きに変貌し、おいしく皆の胃袋に納まっていきました。

ミッチーさんとは「来年も行きましょう!」と申し合わせて解散いたしました。

もちろん状況にもよるのでしょうが、非常に簡単で道具もそれほど選ばず、ゲーム性が高い。とても釣り入門にオススメなボートカレイです。これから釣りを始めたい方、一度行ってみてはいかがでしょう。

 

最後に今回のタックルデータ。

ロッド:ノーブランド シーバスロッド8ft (Lure weight:Max 60g)

リール:シマノ アルテグラ3000C 

ライン:PE1号

リーダー:ナイロン10lb

仕掛け:ハヤブサ 遊撃カレイシリーズ イエローバグ13号

錘:六角30号

餌:生イソメ