19/7/28:降水量114mL ~ サンラインファンカップ in 古平

サンラインファンカップが開催されました。

27日には余市にある魚鬼さんの別荘で前夜祭も開かれましたが、ちょっと仕事が忙しい時期でこちらは参加できず。

いつもよりは随分と早い、4時古平到着を目指して出発です。

そして1時間前の3時に到着。会場には看板が設置されていました。

f:id:rainmaker32:20190731224733j:plain

受付を済ませ、道具の準備を進めます。今回はベイトとスピニングを1セットずつ持ち込むことにしました。結果的にはベイトタックルしか使わなかったのですが。

私が乗船したのは例によってチライ。今回チライにはゲストであるサンラインのテスター陣がたくさん乗り込んでいて、お客さん? は私を含め5人だけ。竿は振りませんがつりしんの記者さんも乗船されていました。

初めて取材受けてしまいました。(イコール記事になるわけではありません)

この日は無線塔沖には結構なうねりが残っている状況でしたが、なんとか全船ポイント入り。

開始早々に6kgクラスが2本上がります。他船からもブリの釣果が聞こえてきて、船内は一気に活気づきますがあとが続きません。

今シーズンもジグが動きすぎると釣果が出ていないので、珍しくペリー以外でのスタート。最近蝦夷八から出たばかりのメンジジグ150gジンベイザメカラーを使用しました。ペリーでは飛びすぎるんじゃないかとの考えです。

が、しかし釣れず。フォール姿勢は良いようで、小型のガヤやホッケは釣れてきます。

開始から2時間が経過し、ひとつ決断をします。

結果が出ないなら、使い慣れたジグを使ってみよう。

この日、船内で上がった3本のブリのうち2本がシルバーであったため、ペリー180のオールシルバーにジグを変更、飛ばしすぎないよう注意しながら小刻みに誘っているとそれなりのアタリ。

ホッケかな? と巻き上げ始めたところ、10mくらい巻き上げたところで一気に走り始めます。

3kg以上に設定しているドラグからどんどんラインが吐き出されて行きます。

あまりファイトに時間をかけると同乗者に迷惑掛かるなあ、と思いながら、ドラグをさらに締めてのファイト。

そして、どーん!

f:id:rainmaker32:20190731231443j:plain

まるまる太ったブリだので入賞狙えるかと思いましたが、血抜き後に計測すると7kgに数10g足らず、入賞には程遠いサイズでした。

とはいえ遂に獲った今シーズン1本目。しかもテスターを務める魚鬼カンパニーのジグで獲ったというのは感動もひとしおです。

ちなみにこのサイズであればパロマーノットでファイトに何の問題もなし。PE2号にフロロ40lbの組み合わせでも糸が切れるかも、という心配はまったくありませんでしたね。怖かったのはあまり上手とは言えないPRノットとフックアウトだけです。

優勝はサンラインテスターのそらなさゆりさん。とっても素敵で釣りの上手な方でした。

f:id:rainmaker32:20190731232748j:plain

最終的に検量に持ち込まれたブリは28本(だったはず)。リリース数本あり。大会では7艇が出船していましたので、各艇平均5本前後だったようです。チライは6本、聞いた限り海友丸もレッドドラゴンもリッツも6本だったようです。

これまでの状況を考えれば出来すぎなくらいの釣果ですね。

釣り上げたブリは相変わらず一般家庭の台所で捌くには大きすぎる魚ですが、美味しくいただきました。

さ、イカメタルもリベンジしなきゃならないし、ブリも2本目獲るぞ!

 

今回のタックルデータ①

ロッド:シマノ オシアジガー∞ B653

リール:シマノ オシアジガー1501HG

ライン:PE 2.0号

リーダー:フロロ40bp

ジグ:ペリー180gオールシルバー

フック:ささらさる1/0

19/6/29, 7/6:降水量113mL ~ オフショアブリ第2戦 & 夜イカメタル

ようやく今シーズンのブリも少し数が上がるようになってきたようですが、私の行った6月末はまだまだ散発。この釣行でもブリの姿は拝めず。

まずまず釣れてきた半面、ややサイズが小さくなってきましたかね。何はともあれ今シーズン北海道で1尾目を早く獲りたいところです。

さて、不完全燃焼となったブリ釣行から1週間。夜便でのイカメタルに挑戦してきました。

さかのぼること約3年。思えば初めてボートロック以外の沖釣りに挑戦したのも太平洋のイカメタルでした。あのときは100mを超える棚に不釣り合いなタイラバロッドと経験のない100m手巻きで随分と苦労した覚えがあります。

今回は前情報によると棚60m前後。いまやこれくらいの深さなら浅いと思うのだから、慣れって恐ろしい。

すっかり日が長くなり、まだまだ明るい古平漁港を18時出港。

遊漁船チライには夜炊をするシーランチほどの光量はありませんが、それでも昼イカに比べると棚も浅く、随分やりやすいです。

今回用意したタックルはOLYMPIC PROTONE #2にPE0.8号を巻いたシマノ炎月CT101PG。棚が予想以上に深かったり、潮がぶっ飛んでたりしたときのためにオシアジガー∞とオシアジガー1500HG(PE2.0号)も用意していましたが、結果的には使用しませんでした。

f:id:rainmaker32:20190714193339j:plain

使ったイカメタルはkomo jigの烏賊JIG EVOⅡ 80gとドロッパーに手元にあった適当な餌木。カラーチャートはレッド×グリーンです。

www.komo1091.com

ところで今年からちゃんと使っているのですが、カウンター付きリールってすごく便利。もちろん10m毎色分けされたPEを使っているのでおおよその深さはわかるのですが、パッと見でより細かな(ラインは斜めに出るので正確ではないにしても)水深が分かるのは良いです。狙いの棚も目に見えるので集中力も持続します。

で、イカどーん!

f:id:rainmaker32:20190714193508j:plain

イカだけに幸先良イカも、なんて思ったのもつかの間。後が続きません。

というのも、この日はあまり活性が高くないのか明確に出るあたりは少なく、フォール中に細かい当たりが出るようなのですが、ティップに張りがあるスローピッチのロッドではこれがなかなか拾えません。

イカメタル専用ロッドやタイラバロッドなど、ティップの柔らかいロッドの方が釣果を伸ばしていました。

結果は9杯。身はイカ刺しに、耳とゲソは大根と煮て美味しくいただきましたが、数的にはちょっと物足りない結果となりました。

ジグを軽く跳ねさせて水平状態にするにはティップに張りがあるロッドが良いと思ったのですが、甘かったですね。リベンジに行かねば。

 

ロッド:OLYMPIC PROTONE #2

リール:シマノ 炎月BB101PG(ハンドルカスタム)

ライン:PE 0.8号

リーダー:フロロ12bp

ジグ:komo jig 烏賊JIG EVOⅡ (80g)

19/6/2:降水量112mL ~ オフショアブリ開幕戦

木曜日のことでした。

「日曜日お客さん1人しかいないんだけど、来られない? 予報ベタ凪やで」

と船頭の杉ちゃんから電話。

「行きましょう!」

と私。2019年オフショアブリ開幕戦です。

前日になって確認すると、お客さんは満員御礼12人。連日RED DRAGONや海友丸がブリ上げてブログupしてますからね。釣りたい気持ちは皆さん一緒。どの船もお客さんたくさんのようです。

余裕をもって出発し、古平漁港に到着したのは午前5時。日が昇るのも早くなって、この時間はすっかり朝です。

予想に反して波風が強く、何と無線塔沖まで行けないとのこと。まだまだ数が釣れるポイントは限られていて、厳しい戦いになりそう。

そんな予感は的中します。魚探に反応は映りますが、全然食ってきません。ブリが船の下に入ってはジグを無視して通り過ぎていきます。

昨シーズンを思い出しますね。魚探は真っ赤なのに誰も釣れない。

そんなときはジグをあまり動かさない方が良い、というのはわかっているのですが、何しろ私に与えられたミヨシのステージは波を受けて大きく上下し、時折立っているのが困難なほど。しゃくらずともジグは大きく動いてしまいます。

その後、古平方向へと船を戻し、ある程度波の治まっている海域で続行。ここでも魚探には反応が出ています。

色々なジャークを試しながら5時間。ホッケとケムシカジカしか上がらないまま時間だけが過ぎていき、ラストひと流し、で同乗していたお客さんに来ました。

f:id:rainmaker32:20190604051526j:plain (写真は魚鬼COMPANYブログより)

8kgのブリです。

船上にドラグの音が響き渡り、テンションが皆上がりますが、結局この1本だけ。

午後も続けて乗り、結局11時間船に乗っていたのでもうヘロヘロでした。

実は午前中に1本掛かった際、ミヨシにいた私とトモにいたお客さんにもブリと思われる強烈なアタリがありました。恐らく群れの中で1匹がジグを食ったため、他のブリも捕食スイッチが入ったのだと思います。しかし残念ながらフッキングにまで至らず。

釣行の最中、竿先に違和感を感じて巻き上げてみるとこの状況。

f:id:rainmaker32:20190604052501j:plain

ベイトのサイズとジグはあっています。しかし食ってこない。

あまりジグを動かさないという点から行くと柔らかい竿で重めのジグを、ということになりますが、上がってくるブリのサイズと乗合であることを考えるとせいぜい3オンス、頑張って2オンス。

いっそタイラバの方が可能性があるのでは?

とも思いましたが、PE0.8号であのブリを上げる自信はありません(笑)

ワンチャンスをものにできなかった理由の一つとして、フックの選択があったように思います。アシストにPEが入った張りのある1cmを使っていたのですが、もっと長めで柔らかいものの方がフッキング、その後のやり取りどちらにも良さそうな印象でした。

さあ、リベンジに行かなくては。

19/5/25:降水量111mL ~ NorthCast主催 青森真鯛ツアー!

さあ、行ってきました青森真鯛ツアー。

日程としましては24日(金)の午後に札幌を車で出発し、函館22時のフェリーで青森へ。青森に着いたらその足で平舘まで移動して4時出船というスケジュールです。

暖かな札幌を出発し、函館に着いたのは丁度夕飯時。Northcast平中オーナーを初め、函館を訪れた方々オススメのパスタ屋さん「パスタリア」へ。函館らしい趣あるレストランで、これまた皆様オススメのウニ・タラコパスタを頂きます。美味!

f:id:rainmaker32:20190529054619j:plain f:id:rainmaker32:20190529060415j:plain

腹を満たした一行はフェリーに乗り込んで北海道を後にしました。仮眠をとって釣行に備えます。

今回お世話になったのは平舘漁港SEA PARADISE佐藤船長(090-8922-4429)。東北訛りの可愛らしいやさしい船長でした。

 漁港からポイントまでは約15分。あっという間です。

まずは昨日好調だった等ブルーシルバー80gのタイラバでスタート。

f:id:rainmaker32:20190529054813j:plain

天気も良く、凪いでいて釣り日和です。

船長が細やかに棚を指示してくれるので、それに合わせて巻き上げを意識します。今回タックルは新調しておらず、これまでも使用していた炎月CT101PGだったのですが、この釣行で初めてカウンター機能を使用しました。

これまでは根物狙い、ヒラメ狙いのスロー系ジギングでしか使っていなかったのでカウンター不要だったのですが、使ってみるとこれが非常に便利。もちろんPEラインの色でもおおよそは把握できるのですが、こちらの方がより具体的な分、

「お、そろそろ指示棚だ。アタリ来るかな?」

なんて必要時に集中することが出来ます。特にタイラバはボトムへのタッチアンドゴーが釣果に重要と言いますし、着底から巻き上げのレスポンスも早くなると思います。

なんて偉そうなことを書いていますが、結局私は真鯛釣り上げられなかったんです(笑)

やはり一番活性が高かったのは朝一の時間帯。船中でもばたばたと真鯛が上がりました。私のロッドにも前アタリがあり、そのまま我慢して巻き上げ続けたのですがフッキングまで至らず。

「来たかっ!」

と思うも上がってきたのはメーターオーバーのサメ。あとはワラサ。今年はサメが当たり年だそうですよ(笑)

f:id:rainmaker32:20190529055759j:plain f:id:rainmaker32:20190529055833j:plain

ただ良い経験だったのは、このワラサが柔らかなタイラバロッドにPE0.8号で獲れたこと。これからのシーズン、積丹沖でのブリ狙いだとPE1.2号~2号にジギングロッドですからね。やりとりに余裕が生まれる気がします。

船中ではぽつぽつと鯛も上がりますが、残念ながら私には獲れず。12時を迎え無念の起きあがりとなってしまいました。

f:id:rainmaker32:20190529060357j:plain

帰港後、ツアー参加者の方々と船長とで記念撮影。
真鯛が釣れなかったのは残念でしたが、とっても楽しい経験でした。タイラバも非常に面白く、時間と予算が許すならすぐにでもリベンジに行きたいくらいです。現実的にはなかなか難しいですが。

次があるならですが、今回はロッドの選択があまりよくなかったかもしれません。私以外の乗船者はほぼ全員がJAKCALのビンビンスティックを使用していたのですが、それらのロッドに比べると私のAbuGarcia OCEANFIELD TaiRubber OFTC-69LS-80は硬めだったように見えました。割合掛調子に近いのかもしれません。前アタリのみで弾いてしまうこともあったことを考えると、今回のような条件のときはティップがもっと柔らかい竿がベターだった気がします。

ちなみに持ち帰ったワラサですが、予想に反して虫も入っておらず大変美味しくいただきました。ブリを捌くのも少し慣れましたかね。

f:id:rainmaker32:20190529061414j:plain f:id:rainmaker32:20190529061912j:plain

f:id:rainmaker32:20190529062036j:plain

 

今回のタックルデータ

ロッド:AbuGarcia OCEANFIELD TaiRubber OFTC-69LS-80

リール:シマノ 炎月BB101PG(ハンドルカスタム)

ライン:PE 0.8号

リーダー:フロロ12bp

ジグ:JACKAL ビンビン玉 赤(75g)

19/5/23:降水量110mL ~ Oリングとの結束

良い天気が続きますね。風が強いのが難点ですが、こんな日は仕事なんてしていないで釣りに行きたいのが釣り人というもの。

とはいえそうも言っていられず、毎日あくせく働いております。

釣りばっかりしていられたらいいのに!

前回の更新時に書き忘れたのですが、前回のヒラメ釣行からOリングとの結束方法を変えました。

これまでずっとイモムシノットを使用していたのですが、これが意外と面倒。

tsurihack.com

上記が参考サイトです。

根掛かりでジグをロストしたときはもちろんですが、お祭りしたときにもリーダーから切るなんてことは日常茶飯事。その度にリーダーをPRノットで結束したり、イモムシノットで結び直したりするのは時間もかかるし、船酔いもしそう。

それに太くて硬いフロロカーボンのリーダーだとなかなかきれいに出来上がりません。

以前、静内沖中深海ツアーでSTUDIO OceanMarkの西本さんとご一緒したときに、勧められたのがパロマーノットでした。

www.seaguar.ne.jp

こちらも参考サイトです。

イモムシノットに比べると工数も少なく、強度も十分なよう。

西本さんもパロマーノットで青物と30分は余裕でファイトできるとおっしゃっていました。

「できるだけ面倒な編み込みとかを船上でしないのが僕の信条なの」

とのことでしたので、私もそれに倣うことにしました。

出来上がりの見た目も非常にシンプルで、ちょっと不安はあったのですが、これが全く問題なし。

魚を釣り上げても根掛を外してもノットは大丈夫でした。今シーズンはこれで行くことに決定です。

19/5/18:降水量109mL ~ 古平チライでヒラメ狙い

5月も半ばから終盤へと差し掛かり、ヒラメの釣果が聞こえてきました。

実際に五目狙いで出撃したジギングでもポロポロと釣れているのを見かけます (釣ったのが自分なら尚良かった!)。

好調と聞いていたサクラマスの時合をすっかり逃してしまい、それは来季への課題にするとして、今回はヒラメ狙いで出撃しました。

お世話になったのはいつもの通り遊漁船チライです。古平漁港から6時出港。

良ーい天気です。ちょっと風がありますが。

f:id:rainmaker32:20190522053851j:plain

今回は割と皆さま経験者ばかりの様子。見知った顔も数名おります。

ポイント到着と共に目の前でイルカが跳ねるイヤな展開ですが、ヒラメを目指してスタートフィッシング。

午前3:30という気合の入った集合時間で先に出港しているシーランチによれば、今日は全然ダメとのこと。とはいえ来てしまったものは来てしまったわけですし、嘆いても仕方がない。ペリー180g赤金にささらさる0/1フックの組み合わせで誘います。

ミヨシ、私の反対側でタイラバをやっていた方が船中ファーストフィッシュ。日本海おなじみの外道ギスカジカです。

私のファーストフィッシュもギスカジカ。何を食べているのか知りませんが、お腹ぱんっぱん。重量感はたっぷりですが、食べないのでリリースです。

その後、移動を繰り返し、ホッケ、ソイ、タラといつもの魚種が上がりますが、この日は船中ヒラメ0枚。きっと日本海からヒラメは絶滅したのだと思います。

f:id:rainmaker32:20190522054550j:plain f:id:rainmaker32:20190522054615j:plain

ソイの産卵ももう少しという感じですかね。まだお腹に卵入っていました。

これは80m付近というリリースできない深さから上がってきたのでキープ。ベタ底ではなく10m近く巻き上げてからのヒットでした。

ホッケは脂があって、相変わらずの美味しさ。フライとピチットシートを使っての一夜干しになりました。

f:id:rainmaker32:20190522054908j:plain

さて、今回の釣行でどうしても試しておきたかったのが、タイラバロッドに80g前後のジグを付けて合わせが入るかどうか。今週末にNorthcastさんの青森真鯛ツアーに参加するのですが、このときにタイラバだけでなくジグも使用する予定です。

確かに調べてみると、ジグを巻き上げてタイを釣るのが流行っている様子。しかし専用ロッドは手元になく、柔らかいタイラバロッドで合わせが効くのか不安でしたので、今回ヒラメ狙いの傍ら、ホッケ相手に試してきました。

結果は上々。使用しているタイラバロッド、OCEANFIELD TaiRubber OFTC-69LS-80は結構硬めの印象で、ホッケ相手であればそれなりに合わせが効きます。ただ鯛の口は硬いと聞くので、そこがどうなるかが不安ではありますが。

人生初真鯛。どうにか1枚獲りたいものです。

 

今回のタックルデータ①

ロッド:シマノ オシアジガー∞ B653

リール:シマノ オシアジガー1501HG

ライン:PE 2.0号

リーダー:フロロ40bp

ジグ:ペリー180g赤金

フック:ささらさる1/0

ロッド:AbuGarcia OCEANFIELD TaiRubber OFTC-69LS-80

リール:シマノ 炎月BB101PG(ハンドルカスタム)

ライン:PE 1.2号

リーダー:フロロ12bp

ジグ:BOZLES TG TOKICHIRO80gブルピン

フック:シャウト1/0 1cm

19/5/2:降水量108mL ~ 古平チライでホッケ五目 vol.2

さかのぼること20余年、父と叔父に連れられて訪れた横浜釣り公園が小学生だった私の釣りデビューでした。

それなりに楽しかった思い出ではありますが、サビキで10センチにも満たないカタクチイワシやサッパ(北海道では馴染みないですよね)をターゲットとした釣りに、そこまでハマった訳でもありませんでした。

私を決定的に釣りの世界に引きずり込んだのはその数年後、夏休みで北海道に帰省中、偶然訪れた釣り堀でした。

30cmに迫る空腹なニジマスがごちゃまんと放された人工池。レンタルの華奢な延べ竿とシンプルな仕掛け。特別なテクニックなんて一つも必要としないのに、パワフルで美しい魚が次々と釣れる。私の幼いハートは完全に鷲掴みにされました。

その後北海道のド田舎へと帰ってきた私は、友人と連れ立って毎日川へ釣りに通っていました。ターゲットは10センチ程度のヤマメから30センチ近いウグイや鮒、5センチ程度のトゲウオまで様々。

丁度中学から高校に上がる頃、世の中にブラーが出回り、ロックフィッシュをターゲットにしてブラーからワームに手を広げ、社会人となってオフショアジギングをメインにするようになりました。

もともと釣り好きでもなかった父は早々に一緒に行かなくなり、叔父さんと二人数か月に一度、それも厳寒期を除く釣行が続いていました。いつしか釣りに対する本気度も叔父さんとの間で逆転。この度、高校生になった従弟を船釣りデビューさせたい叔父さん親子をホッケ五目に連れ出しました。

ホッケ五目であれば労せず釣果が得られ、二人も楽しんでくれるのではないかとの選択でしたが、前回も書いたようにこのGWはイルカが狂喜乱舞状態。なかなかどうして厳しい状況でした。

しかし今や小学生のボンズだった私も家庭のある中堅職員。叔父さん親子と予定を合わせるのも容易ではないということで、やや無理を押しての出港です。

予報より早く上がった雨、曇天の古平漁港を6時に出港。伊藤さん主催の釣りクラブの面々も数名乗船。自分たち以外にも初心者がいるという心強い状況です。

まずは今回の主役である従弟に釣ってもらわねばならぬ、ということで私は自分の仕掛けを下ろす前に同行の二人に基本操作をレクチャー。とりあえず根がかりを避けるため底を切ることを第一に伝え、フォールを意識した誘いで狙ってくれるように伝えます。

一通りの操作を伝え、自分もジグを落とし始めた直後、着底する前に従弟の竿がしなりました。

落とし始めたばかりのジグを回収し、気持ちがはやる従弟にゆっくりと巻き上げるよう指示。隣に立って魚の回収に備えます。

上がってきたのはナイスサイズのホッケでした。魚を針から外し、血抜きをしているとすぐにまた竿がしなります。しかも今度はさっきよりも大きそう。その上中層でのヒットです。

私も杉ちゃんもサクラマスの可能性が頭をよぎります。

が、上がってきたのはビッグなホッケダブル。

f:id:rainmaker32:20190511215710j:plain

こりゃあ重たいはずです。

その後も順調に釣果を重ね、ホッケ、マガレイ、スナガレイ、タラ、ギスカジカと五目達成。船釣りデビューを十分に楽しめたようです。

誰かに釣らせるというのは、自分が釣る以上にずっと大変ですが、昔から釣りに連れてきてくれた叔父さんに少しは恩返しができたと思います。

ほっと一安心。

私はといえば、釣果はそれなり。しかし根がかりでジグを2つもロストしてしまいました。気を付けていたのに無念。腕の未熟さを痛感しました。

日々是精進!