18/11/15:降水量105mL ~ モニター就任のお知らせ

10月の半ばを過ぎてからというもの、公私ともに忙しく全然釣りに行けていません。

もう一度くらいは乗りたいと考えているうちに、結局チライの営業終了を迎えてしまいそうです。

積丹ブリジギングダービーも先週末をもって終了。残すは表彰式ですが、私の登録は6kgのブリのみということで完全に圏外です。

さて、チライのブログでは杉ちゃんがフライング気味に書いてしまっていましたが、この度チライカンパニーさんにて釣り具のモニターを務めることになりました。

現在発売中のオフショアジグ「ペリー」の後継を含め、テスト中のジグ等々をモニターし、さらには宣伝していくことになります。

大変光栄なことにチライの伊藤さんと杉ちゃんに声をかけていただき、二つ返事でお受けすることにしました。

それに伴ってこれまで塗りつぶしていた写真の顔もそのままにしています。

いずれにせよ遊漁船のHPではどんどこ顔を晒していますし。

実際のところ腕の方はからっきしですが、ペリーとの相性の良さを買っていただきました。杉ちゃん曰く「ジグを操作する手つきがヤラシイところがいい」とのことです(笑)

少しでも貢献できるよう頑張って行きたいと思っておりますので、皆様よろしくお願いいたします。

18/10/10:降水量104mL ~ 古平チライでブリ狙い vol.8

前回の釣行から僅か4日。夏休みなのを良いことに短期間で2度目のブリ狙いです。

前回に引き続きお世話になったのは古平の遊漁船 チライさん。

申し合わせたわけではないのですが、NorthCastの平中オーナーと美穂ちゃんを含めた3人も乗船していて、私の友人を含めた5人での出港です。

この日は午後から台風接近に伴う大荒れの予報で、朝からやや波風強い海況。もともとヒラメ・ブリ狙いだったこともあり、とりあえず行けるところまでという感じで無線塔沖に向かいます。

6日は海面が鏡のように穏やかだったこともあり、途中で海面が沸き立つようなナブラがいくつも見えましたが、今日は波があるのでそれも見えず。

それでもなんとか無線塔沖までたどり着き、スタートフィッシングです。

今日も魚探にはかなりの数のブリの反応が映っていますが、序盤は全く反応なし。

しかし開始から30分、小さいですが1本ブリが上がります。そしてさらに、

f:id:rainmaker32:20181012235706j:plain (NorthCastブログより画像を拝借)

平中オーナーが8kgクラスを上げました。腹パンの美味しそうなブリ。羨ましい。

誘い方等々、アドバイスを聞きながら諦めずにジグをしゃくります。オーナーの使用ジグがシルバーだったので真似ようかとも思いましたが、自分の一押しカラーであるブルピンを信じてジグチェンジはなし。

着底後じゃかじゃか巻でスイッチを入れてのスローな誘いが良い、とのこと。それは自分の数少ない得意パターンで、今朝の実釣開始から続けている誘いでもあります。

誘いは間違っていなさそうなので、あとはジグと頼りない自らの腕を信じて振り続けます。一度明確なアタリがありましたが、フッキングには至らず。そして、

「今、めっちゃ通ってる! 底から5m、10m!」

という今日一番盛り上がった杉ちゃんの指示を聞いて、急ぎジグを着底。早い巻きで誘った後、一度目の短いフォールでジグが止まりました。

巻き上げては引き出されるドラグ。一進一退の攻防に10kgオーバーを確信しますが、上がってきたのはなんとアゴ下スレ掛かり。そりゃあ重たいはずです。

f:id:rainmaker32:20181013000634j:plain

血抜き後6.2kgでした。前回が4kgだったので1.5倍になりましたが感じたパワーと疲労は10倍でした。

ペリーブルピン信じてた!

その後5kgクラスを一本追加。こちらはロングフォールで食ってきました。フォールで誘うのは好きなパターンなので、たまたま自分の好きなパターンとこの日のパターンが一致したのでした。

そして風波共にさらに強くなり、12時を前に前浜まで戻ります。その後数尾のソイを追加して帰港。

終わってみれば船中7本でした。

ところでスレとはいえ6キロクラスを上げるのに随分と時間をかけてしまい、同船した方々には迷惑をかけてしまいました。助かったのは人数が少なかったのと、顔見知りばかりだったのと。平中オーナーには、

「デカそうだからゆっくりやりとりしな」

と言ってもらい何とか上げたわけですが、どうもドラグ設定が弱かった模様です。ドラグチェッカーは持っていないので、いつも手で引いてなんとなくの設定です。これが3kgより弱かったようです。遊漁船でやる以上はあまり時間もかけられないですし、ドラグチェッカー買った方がいいかなあ、と考えさせられる釣行でした。

f:id:rainmaker32:20181013001840j:plain

さて、美味しかったブリですが、一般家庭の台所で捌くにはちょっと大きいですよね。

結構な格闘の上で食べられる状態になりました。ダービー入賞には程遠いサイズですが、今年のブリ狙いはこれにて終了です。

来月にはチライの今年度営業が終わってしまいますので、もう一回くらい行きたいところです。

 

今回のタックルデータ

ロッド:シマノ オシアジガー∞ B653

リール:シマノ オシアジガー1501HG

ライン:PE 2.0号

リーダー:フロロ40bp

ジグ:ペリーブルピン180g

18/10/6:降水量103mL ~ 古平チライでブリ狙い vol.7

特に決めているわけでもないのに、毎年この時期になってしまう夏季休暇。今年も御多分に漏れず10月初旬の取得です。

家庭の事情により遠出はできないので、これ幸いとばかりに釣りに行かせてもらいました。

今回もいつものように古平から遊漁船 チライさんでの出港です。

圧倒的に凪で釣り日和だった6日。無線塔沖に向かう途中で何度かナブラに遭遇しますが、ワームにすら食いつかず正体不明のまま。どうやらアキアジとフクラギが入り混じっているようでした。

さあ、その後も穏やかな海上をひた走り、無線塔沖でジグを振りますがノーリアクション。お触りすらありません。あまりに凪な上、潮も効いておらず魚の活性もイマイチです。

その内に潮止まりの時間となってしまい、船頭杉ちゃんの判断で沖合へお土産を釣りに向かいます。

軽く移動して水深100mラインで再開。

f:id:rainmaker32:20181012233818j:plain f:id:rainmaker32:20181012233851j:plain

良いサイズの真鱈とホッケがそこそこ釣れます。

どちらもジグはペリー。オレンジゼブラは現在テスト中のプロトモデルになります。

現在のペリーは180g一択ですが、プロトはやや軽めの設計。後半になって腕が疲れてくると少しでも軽い方が楽ですね。

そうしている間にも僚船からの無線が漏れ聞こえてきますが、内容はいずれも、

「だめだー」

やら、

「どうにもなんねー」

といった悲痛な内容。どの船の船長も頭を抱えているようです。

そのうちに潮が動き出す時間帯となり、船によっては数本上がっているようなので我々も無線塔沖に戻ります。

戻りますが全然ダメ。諦めて円山沖でヒラメ狙いに変更しますが、私はヒラメもボウズを食らってしまいました。

同乗した方々は数枚上げていましたので魚はいたのですが、引き出しの少なさが釣果に如実に表れる日となりました。

 

今回のタックルデータ

ロッド:ポセイドン PSLJ 603-4 スロージャーカー603-4

リール:シマノ オシアジガー1501HG

ライン:PE 2.0号

リーダー:フロロ41bp

ジグ:ペリーブルピン180g 

   ペリープロトモデル

18/9/15:降水量102mL ~ 古平チライでブリ狙い vol.6

vol.5飛んでます。ええ、完全にボウズ食らったんです。あれは8月のことでした。

そして今回はvol.6。ブリを狙ってチライに乗船してから実に半年経ちました。今年は渋いです。

快晴。凪。乗客も4人。伊藤さんを入れても5人という快適スペース。

f:id:rainmaker32:20180915233832j:plain

無線塔沖まで走ること1時間。流木注意報が出ていたので中速走行ということで、結構時間がかかりました。

そしてその第一投。フォール中にジグが止まり、上がってきたのはワラサでした。帰宅後に計ってみたところ4kg。決して大きくはないですが、嬉しい一匹でした。

f:id:rainmaker32:20180915233654j:plain

前々日は3人で22本なんて景気の良い話も聞こえてきていたのですが、この日は4人で3本。私は2ヒット1バラシ1キャッチでした。

しかしそれ以上にこの日は凄いものを見てしまったんです。

なんと、

なんと、

同乗者が上げましたクロマグロ22kg。

(魚鬼COMPANY 遊漁船 魚鬼(チライ))

何年ながら30kg以下だったのでリリースでしたが、超テンション上がりました。

いつかは自分でも釣ってみたいですね。

f:id:rainmaker32:20180915234108j:plain

 

今回のタックルデータ

ロッド:ポセイドン PSLJ 603-4 スロージャーカー603-4

リール:シマノ オシアジガー1501HG

ライン:PE 2.0号

リーダー:フロロ40bp

ジグ:ペリーブルピン180g

18/7/21:降水量102mL ~ 古平チライでブリ狙い vol.4

さあ、釣れたという話は聞きませんが、懲りずにまた行ってきました。

終わってみればブリは船中0本。出船した船全体で1本だとかで、まだまだシーズンインは遠いのかな? と思っておりましたら22日の今日は釣れたようですね(ブリ上がりました❗ | 魚鬼COMPANY 遊漁船 魚鬼(チライ))

この日は終わってみれば5目釣りでしたが、潮止まりの時間帯を除けばコンスタントに釣れ、個人的に大変楽しく釣りをしました。

活躍したのはこちらのジグ。

f:id:rainmaker32:20180722234747j:plain

魚鬼COMPANYさんから出ているペリーブルピン180gです。というか今回はこれ一本しか使っていません(笑)

最近はShout! Lance一本鎗だったのですが、3月から乗せてもらっている魚鬼の伊藤さんが、

「ペリー良いよ」「ペリー釣れるだろ」

と言いながら隣でドンドコ釣り上げるのを見て、今回の古平へ向かう道すがらフィッシュランド手稲店に寄って購入しました。

正直なところ、

「伊藤さんの腕が良いから釣れるのであって、ジグは関係ないんじゃないの?」

と半信半疑ではあったのですが、これがどうして滅茶滅茶釣れました。

ほとんどワンフォール、ワンヒット状態。

風が強くタフなコンディションではあったのですが、十分に釣りを楽しみました。この日はロングフォール中でのアタリを拾うことが多かったですね。強風で船を常に前進させていたせいもあるかもしれません。

これまで頻発していたスレ掛かりも少なく、大変ストレスフリーなジグでした。

#4のロッドならジャークも大変軽いです。赤金も一緒に購入したので、こちらは是非ヒラメで試してみたいと思っています。

さあ、次こそはブリを!

 

今回のタックルデータ

ロッド:ポセイドン PSLJ 603-4 スロージャーカー603-4

リール:シマノ オシアジガー1501HG

ライン:PE 2.0号

リーダー:フロロ40bp

18/6/24:降水量101mL ~ 古平チライでブリ狙い vol.3

今回も画像なし!

相変わらず魚探には映るのですが、まったく食ってきません。漁師の網に1000本ものブリが入るのはこの数日後です。入ったところでやはり釣れていないようですが......。

乗船者にキャリアの浅い釣り人も多く、お祭りも多発。むむむ。こればかりは仕方ありませんね。とはいえ船頭の指示には従ってほしいものです。

それにしてもあまりにブリの活性が悪い。こういうときこそシルエットの小さいジグでマイクロジギングが効いたりするのかもしれませんが、この日は風が強く船がかなり流されるためジグをあまり軽くできません。

ターゲットがブリということもあり、PEも2.0号。ハイピッチタックルに比べれば細糸ですが、お祭りで迷惑を掛けたくないので60gとかは試せず。

結局ホッケばかり釣って今回も帰港です。

難しいですなあ。

18/5/27:降水量100mL ~ 古平チライでブリ狙い

記念すべき100本目の記事ですが、中身は大変残念です。

27日は好天に恵まれ、気温も高く絶好の釣り日和でした。前日に確認すると昼頃がブリの反応が良いとのことなので、9時出港というゆったりスケジュールです。

私が1時間前に港に着くと、既に数名が待っておられ、8時半の時点でほぼほぼ集合。杉ちゃんに、

「早すぎるって!」

と言われますが、とにかく皆楽しみで仕方がない様子。私ももちろんその口で、今か今かと出港を待ちます。

さて、ブログの様子から予想してはいたのですが、先週は半ばあたりからイルカが狂喜乱舞状態で、釣りをするには大変厳しい状況。

「こんな状況で10人も集まるなんて、みんな変態だよ」

なんて言われましたが変態結構。

「昨日までダメでも、今日はもしかしたら」

と思うのが釣りバカというモノでしょう。

さて、そんな中で出港。波も大変穏やかで、絶好の釣り日和です(10数行ぶり2回目)。

 

海上は。

状況が良いのは海の上だけで、海中はさっぱり。イルカの姿こそ見えないものの、いつもならイヤっちゅう程釣れてくるホッケすら釣れません。

極小のアタリと共に上がってくるのはベイトのオオナゴ。私はこの日二桁以上のオオナゴを釣り上げ(引っ掛け)、見事竿頭となりました。

極々たまーに釣れてくるのはソイとロウソクボッケ。あとはカジカです。

6時間粘ってなんとかキープできたのはクロゾイ、シマゾイ、ホッケが1本ずつ。まあ貧果。寂しいですねえ。

今日はあまりジグを飛ばしすぎない方が良かったようで、1/4回転とあとは竿の張りのみで細かく刻む方が反応良しでした。

乗っていた方は4人がハイピッチのみ、私がスローのみ、残りの5人は両方でしたが、反応があまり良くない状況だったのでスローの方にやや軍配が上がった感じでした。

今回もジグはランスブルピン非対称カラー160gです。ギアラボファストフリップも試したのですが、この日は状況が悪すぎて善し悪しを判断するまで至らず。面白そうなジグなんですけどね。

f:id:rainmaker32:20180530124846j:plain

今回は狙いがブリだったこともあり、ポセイドンスロージャーカーの4ozで挑みました。決して硬すぎず、160gのジグは振りやすいですね。それでいて感度も良い。オオナゴのアタリも逃しません(笑)

結局のところ、まだ何一つダービー登録できておりません。

次に釣りに行ける目途が立たないだけに、今回の貧果は痛かったなあ。

そうそう、今回からFGノットをやめてPRノットにしてみました。ブリとのやりとりこそありませんでしたが、結構激しい根がかりを外してもライントラブルはなかったです。ノッターの使用感など、こちらはまた別記事で。

 

今回のタックルデータ

 ロッド:ポセイドン PSLJ 603-4 スロージャーカー603-4

リール:シマノ オシアジガー1501HG

ライン:PE 2.0号

リーダー:ナイロン40bp